ACIMタッチアンドゴー

奇跡講座に復帰してからのあれこれ
20190525(x2)

今まで何を見てたんだろう(1)

5/17。

私の派遣契約が終了するのは来月ですが、かなり有休消化をする必要があり、最終出社日は今月下旬になります。泣いても笑ってもあとちょっとで最後。。。でも、そのおかげで近頃はイイコトがいっぱいありました。

たとえば、辞めます宣言をしてから今までの間に、エースのお兄さん・タケノコさん・新人ちゃんの技術チームのみんなとは、例の大好評だったゲーム会を4回も開催することができ、みんな想像以上に親睦が深まったと思います。(しかも最近ではエースのお兄さんが私たちに微笑んでくれる頻度が増えてちょっと嬉しい)

それ以外の同僚のみなさん(社員・派遣問わず)からも、数えきれないくらい女子会のお誘いをいただき、この8年間で最も心温まる日々を過ごすことができています。当初はもっとひっそり去る感じだろうと思っていたのですが、全然そんなことありませんでした。みんなの優しさには本当に感謝です。こんなに周囲の思いやりに包まれるなんて、想像もしてませんでした。ありがたや〜(*゚∀゚*)

ところが、そんななか、この会社で最後まで赦せたという実感がわかず、しこりを残したまま去ることになるだろうな。。。と思う人物がひとりいました。

クロトワ課長です。

こいつはケチなくせに威張ってるパワハラ野郎ですから、いままで何かムカつく事があるたびに悪口を綴ってきました(そろそろタイトルを「クロトワ課長をDisるブログ」に変更しないとダメかな…^^;)。だけどその一方で、時折みせる優しさもあって、彼を憎むことが出来なかったのも事実です。私がこの会社で、こんなに強烈に愛憎入り混じる想いを抱き続けてきたのはクロトワ課長だけな気がします。もしや他生で何か因縁があったんじゃなかろうかと訝ったことも一度や二度ではありません。

さて、このクロトワ課長は本当に薄情なやつで、直属の部下だったサコさんとオシャレさん(2人とも社員)が辞めるときも、最後まで何のねぎらいもありませんでした。社員さんでさえそんな扱いだから、派遣に過ぎないトベが辞める時なんて当然のごとく使い捨ての扱いだろうと思って何の期待もしてませんでした。

ところがある日、クロトワ課長から私宛にこんな謎メールが届いたのです。

「トベさん、最終出社前に食事でもどうですか?ささやかではありますが、ご馳走させてください。」

。。。。えっ?ご馳走?どゆこと?(゚o゚)

何だろう。まあ普通に考えて、ドケチな彼が自腹でご馳走してくれるなんてあり得ないよな。たぶん会社の予算使って、みんなでゴハン行こうって話だろうな。でも文面だけ見ると2人でどうですかって意味にもとれるよなあ。どっちだろう?でも個人的には最後にちゃんと話をしておきたい気がするし。。。まあ、なるようになれ〜!と思いつつ、

「ありがとうございます。実は前からクロトワ課長と個人的にお話できたらいいなと思ってたんです。2人でゴハン会どうですか?」

と、ダメ元で提案したら、すんなりOK出ました。

「いいですねー。じゃ2人で行きましょう。お店探して予約しておきますね」

ポカーン。
あれー?通っちゃったよー?どうなってんの??
部下には絶対おごらない人だと思ってたのに。
マジで私にご馳走してくれんの?

。。。ウソでしょーーーー!!!Σ(゚Д゚)

まさかの展開にちょっと信じられない想いでしたが、このときクロトワ課長のことをちょっと見直しました。よく分からないけど、どうもこれはよくある社交辞令的な送別会の話ではなく、ほんとうに彼の好意でやってくれようとしているらしい。なら、有り難く受け取ることにしよう。。。

しばらくすると、クロトワ課長からお店を予約したと連絡がありました。でもまあ、たぶん彼の行きつけの安い居酒屋でしょうね?と思ってリンクを開いたら、何やら素敵な街にある隠れ家的なお洒落レストランだし。お店レビューをみたらめっちゃ評判よいし。これはどうも彼なりに頑張って探したっぽい。おおおおお〜、どういうことだ!?

(つづく) 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です