ACIMタッチアンドゴー

奇跡講座に復帰してからのあれこれ
20171024, 20181113

Workbook レッスン349

レッスン349
今日、私は自分に代わってキリストの心眼(ヴィジョン)に、すべてのものごとを見てもらう。そしてそれらを裁くことなく、その一つひとつに愛という奇跡を与える。
Lesson 349. Today I let Christ’s vision look upon   All things for me and judge them not, but give Each one a miracle of love instead.

11/6。今日は整体のエビス先生に診てもらう日でした。ちょうど会社で凹む出来事があった直後に思いがけないアドバイスが。

奇跡講座 下巻 ワークブック L349.2:1
『私たちの父は、私たちの必要を知っている。神はそのすべてを満たす恩寵を、私たちに与える。だから私たちは、世界を祝福するために、そして私たちが神のもとへ戻って自分たちの心を癒すために、神が私たちに奇跡を送ってくれると信頼する。』

【やること】
・「13. 奇跡とは何か」を読む。
・朝晩に瞑想する(目標15分以上)。
・日中は1時間毎の思い出し。

***** ***** *****

感情を溜め込まないこと

夕方、またショッキングな出来事が。。。

9月ごろにかなり力を入れて進化させた新規サイトが、なぜか昔の野暮なつくりに上書きされてしまっている事に初めて気づいて青ざめる私。まじで?まさか新人ちゃんの仕業?いやいや、ここ引き継いだのはタケノコさんだよな…。

タケノコさんに、この謎の処置をした理由を聞いたら、どうも引き継いだ時に私が1日がかりで用意した雛形には全く触れずに、古い既存データで上書いてしまったらしいです。もちろん私はそんな事されると思ってないので、バックアップはありません。orz

ああー。引継ぎの時に、どこをどう改良したかちゃんと伝えたのに、理解されてなかったのか。。。

タケノコさんに悪気はないし、当時の私が説明を頑張ったとも言えないので、それ以上強くは抗議できません。(今回しっかり説明し直してやっと意義を理解して貰いましたけど) 

一方で、私はこの最新版を足がかりにして次のサイトをもっと高速に仕上げるつもりだったので、元ネタが先祖返りしてしまったのは大打撃です。

でも、今回は誰も悪くないし〜、私が地道に修正すれば良いだけだし〜、よっしゃ忘れよ!とか思いそうになったけど、今回はそういう逃避はヤメ。ちゃんと自分の感情を裁かずに認めよう。あー悔しい。腹が立つ。私の時間を返してーー!ぷりぷりぷり ( ಠωಠ)

。。。とかやってるうちに疲れちゃって、なんかどうでもよくなってきた。

*****

その日の晩はたまたま整体のエビス先生に診てもらう日でした。先生は私のみぞおち辺りに手を触れるなり、

「あれっ⁉︎ いつもは硬くない所がもの凄く硬くなってる。心臓の方まで影響してますね。なにか感情を抑圧する事がありました?」

いきなりバレるし。。。

というわけでエビス先生に、かくかくしかじかで社員さんが私の成果物を上書きしちゃって、腹が立ってたけど誰にも言えなくて。。。と愚痴ったところ、エビス先生がみぞおちに手を当てたままニッコリ笑って、

「楽になったでしょ?いま話してた間にみるみる硬直が取れてきて、元どおりの弾力になってきましたよ。ちょっと誰かに話すだけで身体はこんなに変わるんですよ」

「えーーっ!?本当ですか!ちょっと喋っただけなのに?」

「感情を溜め込まないのは、身体にとっても大事なんですよ。もちろん相手に怒りをぶつけるんじゃなくて、こんな風に誰かに話すだけで全然違うんだから(^_^)」

そっかー、そうだったんだ。

済んだことに対して、自分の表面の意識はもう怒ってないつもりでも、身体の硬直みたいな形で怒りの感情を抱え込んでる事があるんだな〜と初めて知りました。こんな無意識に怒ってる状態でいくら赦しとか言っても、本心とは裏腹だから上手く行くわけがないんだな。

あー、でも感情を溜め込まないのが大事ということは分かったけど、正直なところ、まだ心の底から気分がスッキリしたとは言い難いです。(>ε<。)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です