ACIMタッチアンドゴー

奇跡講座に復帰してからのあれこれ
20180528

病院友達とカミラちゃん(入院3日目)

5/20。

入院3日目。いつのまにか手術前日だ〜!

ヒマだと聞いてた入院生活ですが、そんな事はありませんでした。一応ワークブックも持ってきたけど、ほとんど読めてない状態です。えへへ。。。( ̄▽ ̄;)

どうして退屈しないかと言うと、同室のキトさん(仮)と仲良くなったからです。彼女は別の病気で入院中ですが、偶然にも退院時期が私とほぼ同じだったりして。若く見えるけどお孫さんもいて、すごい朗らかな人で、超〜フレンドリーに話しかけてくれます。私もおしゃべり好きなので、ついつい話し込んじゃって。これも何かのご縁ですね。

まあ、ワークブックに関して言えば、確かにベッドのカーテン閉め切って個室状態にし、同室の人に構わず静かに過ごせば、レッスンも瞑想も好きなだけ出来るとは思います。だけど私の性格だと、それは自分の殻に閉じこもって鬱々と過ごすことと紙一重なんですよね。。。

せっかく手術前に同室にキトさんのような笑顔になれる話し相手がいるのに、敢えて孤独な修行僧みたいな過ごし方をする事はないよな〜、と思って。むしろ、毎日キトさんと仲良くおしゃべりして過ごせたから、手術前の今日もリラックスできたのかも知れないな〜。

カミラちゃんがきた!
。。。と思っていた今日、美女カミラちゃんから連絡があり「今日、会いに行くよ〜」とのこと!わー、手術前にこんな笑わせ屋の友達が来てくれるなんて嬉しいな!

ワクワクで待ってたら、じゃーん!ミニスカワンピにナマ足ハイヒールのセレブな格好でカミラちゃんが病室に登場〜!いつもスニーカー姿しか知らなかったけど、いや綺麗だわ〜ホントに。こんなモデルみたいな人歩いてたらみんな振り返っちゃうよ?

談話室に移動して、またいつものお笑い女子トークに花を咲かせること2時間ちょい。めちゃくちゃ楽しかったんだけど、話題が多岐に渡りすぎてて何話したか忘れちゃった。

そうそう、カミラちゃんが若い頃、別件で首の手術した時の話をしてくれて、

「もー麻酔切れたら、いきなり痛ー!って叫ぶくらい痛いから♡」「えぇ〜、麻酔は徐々に切れるから、そんなすぐには痛み来ないって看護師さん言ってたよ…(^^;;」

どうもカミラちゃんは元気良すぎて、意識朦朧とする暇もなくバシッと麻酔から覚めたらしい。。。

「いや!トベちゃんもきっと痛ー!ってなるよぉ、ぷぷぷ!痛がってるとこ、見たいな〜♡」「いや!私は良い子だから!ちゃんと教科書通りに意識モーローとして、痛みが少ないうちに痛み止め処方して貰うから!」

と、訳の分からない事で張り合って遊んでました。笑

いよいよ明日かあ〜!

未知の出来事なので、まったく緊張がないかと言えば嘘になりますけど、去年のようなどうしようもない不安はないです。有難いことです。

*****

夜寝る前に、恒例の頭ぐるぐる体操やってた時、ふと私を執刀してくれるイケメン先生の事が思い浮かび、同時に「先生、助けてくれて有難うございます」という言葉が浮かんでました。その途端に、何故か感謝の気持ちでぶわっと涙が溢れてきました。。。それも何度も。なんで!?

そこで感じたのは、私はこの若い先生(麻酔の先生や看護師さん達も含めて)に心からありがとうを言うためにここまで来たのだ、という事でした。どんなご縁があってのことか知りませんが、すごく大切な出会いなのだと思えたのです。

ですから明日は、聖霊と、イケメン先生に全てをお任せして、手術に臨みたいと思います。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です