ACIMタッチアンドゴー

奇跡講座に復帰してからのあれこれ
20171224

Workbook レッスン142

レッスン142
復習IVの② (W-pI.142)

めでたくフルタイム勤務に復帰してから、疲労感がすごくて首と肩がバキバキに痛い日が続いてます。ちゃんと眠れてないのかな。。。

【朝晩の練習】
起床後と就寝前に5分+αの瞑想。(復習IVの手順を参照)

私の心の中にあるのは、私が神とともに考えている思いだけである。
My mind holds only what I think with God.

【日中の練習】毎時
1. (123) 私は、父が贈り物を与えてくれたことに感謝する。
Lesson 123. I thank my Father for His gifts to me.

2. (124) 私が神とひとつであることを、思い出せますように。
Lesson 124. Let me remember I am one with God.

復習IVの始めに必ず用いる「私の心の中にあるのは、私が神とともに考えている思いだけである」という概念に全く実感が伴わないトベです。→そしたら奇跡講座 W-pI.R4.in.2:7『赦していない間は、彼にはこの想念が自覚できない』ですって。そりゃそうだ。納得。今回に限った話じゃないけど。

むしろ、これ実感できるほど悟りに近い人はワークブックやる必要ないですよね?じゃあ何でワークブックは赦しビギナーの学習者に対してこんなにハードル高い事ばっか指示するんだろう?。。。と思ったとき、そうか、出来るかどうかじゃなくて、出来なくてもやろうという意思の方が大事なんだな、と思いました。

言われてる事にひとつも実感が伴わなくても、とにかく指示どおりやってみよう、聖霊の声が聞こえなくても聖霊を信じてみよう、なぜかこの道に呼ばれたのだからコースアウトしてもいつか戻ってこよう。。。できない子はできないなりに、そんなささやかな意欲を持ちなさいと言われてる気がします。

※書いてて気づいたけど、自分をできない子と判断するのも分離の考えか。。。(^_^;)

出典: 奇跡講座 下巻 ワークブック・マニュアル (中央アート出版社)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.