ACIMタッチアンドゴー

奇跡講座に復帰してからのあれこれ
20191201

応募書類で悶々+心の働き方改革

11/16。

社会勉強と思って応募

失業給付の関係で月に何度かハロワに出向いております。ここの端末で求人を検索すると、想像もしなかったような面白い求人がいっぱい出てくるので割と楽しいです。そんな中、英語教師の正社員枠の求人があり、何の気なしに職業相談に持っていったところ。。。窓口の担当者が「これ応募してみたらどうですか?いけると思いますよ!」とメチャ推し。自分も、ちょっと面白そうかな?と思ってしまったのでした。

ちなみに私は、いままでの職歴がスカウトだったり派遣だったりしたせいで、イマドキの就活の作法を知りません。ハロワの人が丁寧に教えてくれた所によると、今の就活はデジタル化されてて、履歴書や職務経歴書はすべてPCで作成する時代と聞いて驚き!そんなイマドキ就活のマナーに興味があったので「応募するだけならタダだし、社会勉強と思ってやってみよう」という流れになったのです。

しかし、ハロワの窓口で30分で応募を決めたような求人に、残りの人生を賭ける気にはなれません。さらに、帰宅してからよくよく条件を見ると、正社員といいつつ派遣よりも給与が安くて拘束時間も長いことに気づいてしまい、テンションさがりまくり。orz

こんなやる気ない奴に応募されたら先方の人事もさぞ迷惑だろうと思いつつ、もうハロワから紹介状も出てしまったし、とにかく練習と思ってやるしかねえ。

。。。というわけでPCで履歴書やら職務経歴書やら送り状やらを初めて作ったのですが、心にもない「ヤル気アピール」を書くのが苦手で、なんだか関係者全員を騙しているような気分になってしまうのでした。いろいろ就活作法の勉強が出来るのは良かったと思うけど、やっぱりその場のノリだけで畑違いの職種への応募を決めるのは良くないよな、と反省。(それでもなんとか書類選考通りましたけど。。。)

マイティさん2度目のセッション

ちょうどそんなこんなで次の仕事についての方向性が全く見えずに悶々としていた時に、マイティさんの音声セッションを申込みさせて頂きました。(注:マイティさんはご結婚を控えており、いまの時期だけ臨時でセッション休止中なのでした。だから今回対応して頂けたのはちょっと特例だったかも!ちなみに前回セッションのメモはこちら

ちなみに、葛藤している時って、複数の願望の間で迷うから苦しいのだけど、自分が何で迷ってるのか意識できない事がよくあるトベです。今回であれば「ハロワで応募した英語教師の仕事はなんか違うというか、ぶっちゃけ雇われ仕事全般に疑問を感じるんだけど。。。なぜだかよく分からない!」みたいな。

そんなときマイティさんは、こちらの自我の声にかき消されている「静かな本心の部分」に接触し、それを言葉に直して伝えてくれるのです。ただ、必ずしも自我がその本心を聞きたいとは限らないという事もよくあるんですよね。。。

今回のセッションの内容も、そういう意味で非常に真剣かつ個人的なアドバイスでした。でも、私にだけ有効なアプローチが他の人にも有効とは限らないので、その中から一般化が可能なエッセンスだけを抽出してみたいと思います。それは:

「自分も幸せで、周りも幸せになる働き方は絶対にある」というお話でした。

それは、夢のような天職があるはずだからそれを探そう!といったお花畑な話では全然ないのです(残念!?)。転職のような外的な事柄が重要なのではなく、まず「自分が幸せ = 周りも幸せ」という”心”のコンディションを整える方が先だということを教わりました。

そのために具体的にどうするかは、個人によって注意すべき点が異なるので一概には言えないでしょうけど、例えば私の場合は、いままで働くことと健康であることがトレードオフの関係になってたので、今後は健康に留意することがひとつのポイントになるという事などが、だんだん飲み込めてきました。それは、ただ健康的な生活をすればいいという話ではなく「自分に対しても、愛をもって接する」という心の持ち方が大事だという意味です。(もちろん、もとから自分を大切に出来ている人には当然の事なのでしょうけど…)

というわけで結論から言うと、今回マイティさんに教わったことは、今まで自分が信じてきたことと真逆だったのでした。だって、毎日出勤してお給料を貰って、デキル子のふりをして、疲れをひきずって生きていく生活なら非常にリアルに信じられるけど、それは「他者を幸せにすれば、自分のことをかえりみる必要はない」というおかしな信念で成り立っていたからです。

もちろん、ちゃんと自分も仕事も大切にしつつ企業で幸せに働いている人はたくさんいます。だから私も再就職して、そういうまっとうな幸せの在り方を目指すのもアリかもしれない。だけど私の場合、デスクワークや通勤といった大多数の人には無害な働き方が、どういうわけか体調悪化に直結していたようなので (ex. 椅子生活をやめたら、諦めていた慢性症状が改善されてビックリ)、あえてリスクを抱えたまま正攻法を貫く事にこだわるべきかどうか。。。

というわけで、おニート様となった今こそ、こうした信念を少しずつ訂正する意欲を持つべき時なのかも知れません。てか、そもそも「自分の幸せ」が良く分からない状態なので、手をつけるのはそこからです。そのための日常生活における具体的なアプローチも、マイティさんから色々と教わったので、やること(主に心の中で)はまだまだいっぱいあるなぁ。。。

※いつまでこの状態が続くのかと思うと、正直だいぶ不安ではあるのですが。 (~_~;)

****

マイティさん、ご結婚前の大切な時期に、親身に相談に乗っていただき有難うございました!奇跡講座によって結ばれた蘭丸さんとの新しい人生が、お2人とすべての人々にとって幸せなものとなりますように、心からお祈りしています。

(そして私もお二人のような素敵な出逢いにあやかれますように〜☆)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です