ACIMタッチアンドゴー

奇跡講座に復帰してからのあれこれ
20180420, 20190427

お兄さんの後ろ姿に心が騒ぐ

4月もいろんな事がありました。大きなところでは、サコさんとオシャレさんの電撃退職、ミラ御一行様来日、ゲイリー夫妻来日、JACIMフォーラム参加など。日常的なところでは、同窓生の集いや会社繋がりの女子会等々、ゆっくり春を味わう間もなく4月が過ぎ去ろうとしています。

そんな中、ひとつ気がかりな事がありました。エースのお兄さんの後頭部が、今月に入ってものすごい勢いで禿げてきているのです。。。先月は普通だったのに、今は地肌が見える程になっています。ええ?いくら男性でも1ヶ月でこんなになる?本人は相変わらず無口のまま黙々と仕事していますが、ここのところ残業が続いてるようだし、過剰ストレス!?

実はサコさんとオシャレさんが立て続けに辞めることで、結局クロトワ課長がエースのお兄さんに彼女達の業務を丸投げする形になったのでした。しかし、エースのお兄さんが元々ハイレベルな技術系の仕事で手一杯だというのは同じチームの我々が一番知ってます。普通に考えて、その他の仕事まで引き受ける余裕はないはずなのに、本来無関係な業務まですべて丸抱えなんて。身体大丈夫なのか…。

エースお兄さんは、天才すぎるが故にどんな難しい業務でも遂行出来てしまうスーパーマンです。一方で、決してNOと言わないので頼まれた事は何でも引き受けてしまいます。しかも決して言い返さない性格が災いして、大昔からクロトワ課長にいちばん圧力をかけられやすく、事あるごとに苛められてます。

たとえお兄さんがどんなに完璧に任務遂行していても、クロトワ課長は「〇〇するならなんで▽▽もやっておかないの?なんでそこまで考えてないの?なんで?なんで?」と、自分の不手際を棚上げした質問責めで圧をかけたりします。このような理不尽は今に始まったことではなく、もはや我々には見慣れた風景です。(注:彼はトベのように噛みつく相手には圧をかけたりしません。反論しない相手を選んでやってるのです)

それを見て長年ずっと思ってました。一番能力が高く、一番大切にされるべき人が、一番ボロクソに扱われるなんてあり得ない…。そもそもクロトワ課長が出世できたのは、天才お兄さんが彼のハイレベル(無茶)な要求を次々に叶え、それを全部自分の手柄にしてきたからです。この間、お兄さんは3度も大病を患って長期入院してるのに、それでも手加減なしでこき使うなんて鬼か!o(`ω´ )o

そんなお兄さんの後頭部の変化が、私の後ろめたい気分を刺激するのです。。。来月私が辞めたら、クロトワ課長は私が今まで担当していたヘビー級の業務を、すべてエースのお兄さんに丸投げするでしょう。そしてお兄さんもそれを黙って引き受けるでしょう。私のせいで、お兄さんが余計に擦り切れて行くんじゃないかと。

*****

いろいろツッコミどころ満載な状況ではありますが、それでも心のなかでお兄さんやクロトワ課長を完璧な兄弟として見ようと思わなかった訳ではないのです。ただ、その結果として自分の気持ちが平和になったかというと全然ダメでした。やっぱり何を試してもお兄さんを見ると心が騒ぐというか。

いま目に見えている状況が全部自分の投影だとしたら、私は一体エースのお兄さんになにを見ているんだろう?自分を大切にしない相手に尽くし過ぎてしまうこと?自分の病気をお兄さんに見ようとしてたこと?あるいは他者とのコミュニケーションを避ける人間不信を見ていること?

。。。なんかもう色々ありすぎて、赦すといっても何を赦したらいいのかサッパリわかりません。

と思っていたら、その答えは意外なところからやってきました。

(つづく)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です