ACIMタッチアンドゴー

奇跡講座に復帰してからのあれこれ
20180421

Workbook 2. 救済とは何か

2. 救済とは何か
2. What Is Salvation?

4/12。2つ目のテーマに入りました。連日の職場のゴタゴタで疲れちゃったので、今日は瞑想の自主練と、テーマを読み返すことに専念します。

テーマ2は救済について。救済=取り消しという意味で、従来のキリスト教が教える救済(一部の者だけが救われる)とはだいぶ違いますね。

奇跡講座 下巻 ワークブック W-pII.2.1:1
『救済とは約束である。最後にはあなたが神への道を見出すという、神による約束である。それが守られないはずがない。時間には終わりがあり、時間の中で生じたすべての想念もいずれは終わると、救済は保証する。』

W-pII.2.2:1『神の子が戦いを思いついたその瞬間に、平安の想念が彼に与えられた。それ以前には、そうした想念の必要はなかった。以前に授けられていた平安には対極はなく、ただ在るのみだったからである。しかし心が分裂しているときには、癒しが必要である。だから、分裂を癒す力のある想念が、心の無数の断片の一部となった。』

W-pII.2.3:1『救済とは取り消しである。それは、何もしないことにより、夢と悪意の世界が維持されずに消えていくという意味で、取り消しである。(中略) 幻想を維持しないことで、それらがただ塵と消えるままにする。そうすれば幻想が隠していたものが顕わになる。』

***** ***** *****

毎日忙しい日が続きます。いちおう定時に帰ってはいるのですが、仕事中は息つく暇もないため、定時ごろにはぐったりです。(若い頃はダラダラ夜10時まで仕事したりしてたけど、今の職場の張り詰めた環境でそんな長時間働いたら死んじゃう!)

今日はレッスンお休みしたので、帰りの電車で瞑想の自主練してました。すごく集中して雑念を片付けて、途中まではかなり上手く行ってたのですが。。。

いつのまにか寝ちゃってて、気がついたら降りる駅を乗り過ごしてました!(*゚∀゚*)

あーあ、やっちゃった。この駅で乗り換えるの面倒なんだよな〜、と思いながら電車を降りてしばらく歩いてたとき、ふと気付きました。

あれっ?首の後ろの慢性的な痛みが、すっかり消え去ってる⁉︎

実はフルタイム勤務に戻ってから、首の痛みにはずっと悩まされてました。どんなにしっかり寝ても全然治らない、しぶとい痛みです。マッサージもエビス先生の整体も全然効かないほど。もう職業病だと思って、半ば諦めてた痛みなんですけど、それが綺麗さっぱり無くなってるのです。いや〜ビックリした〜!

ふだん居眠りで頭がスッキリすることはよくあるのですが、この首の痛みに関しては、うたた寝くらいで治るようなシロモノではありません。もしかすると、前半に瞑想の練習をしてたのがミラクルに作用したのだろうか。。。

まあ、一時的に治っただけなので、また明日の仕事で痛みはぶり返すだろうと思うけど、少なくとも今晩はいい気分で過ごせそうです。

また首が痛くなったら、瞑想の練習しながら居眠りして、治るかどうか実験してみようっと。
(瞑想では眠っちゃダメだと言われてますけどね。。。)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です