ACIMタッチアンドゴー

奇跡講座に復帰してからのあれこれ
20180411

Workbook レッスン222

レッスン222
神は私とともにある。私は神の中で生き、神の中で動く。
Lesson 222. God is with me. I live and move in Him.

4/2。以下の祈りがなんだか新鮮に思えました。まだひとつも実感できないところが残念ですけど。

奇跡講座 下巻 ワークブック L222.1:1
『神は私とともにある。神は私の生命(いのち)の源、内なる生命(いのち)、私が吸う空気、私を生かす食物、私を再生させ清める水である。神は私の家であり、その中で私は生き、動く。』

【やること】
・「1.赦しとは何か」を読む。
・朝晩に瞑想する(目標15分以上)。
・日中は1時間毎の思い出し。

***** ***** *****

昨日はイースター礼拝だったので、父と一緒に家族で教会に行ってきました。。。と書くと、まるで熱心なキリスト教の家庭みたいに聞こえますが、そうではありません。最近、父が教会の会計チェック係を引き受けた関係で、父だけが毎週教会に行くようになり、じゃあ次の礼拝はぜひご家族で、みたいな流れでこうなりました。

以前の私だったら、週末に教会なんか絶対に行かなかったんですけど、最近は山に遊びに行く気力もないので、フラフラとイースター礼拝に参加してきました。(そんな私のカバンの中にはワプニック博士のForgiveness and Jesus本が入ってたりします。表紙がめっちゃジーザスの絵なんだよなあコレ。。。誰にも秘密ですけど)

イースター礼拝=復活祭です。なので、今回の牧師さんの説教は、十字架刑のあとにマグダラのマリアが墓所に赴き、主の遺体が消えているのに気づいて動揺するという聖書の話を元にしたものでした。その話を聞きながら、いやいや、マグダラのマリアは動揺なんかしてないから。とひとりツッコミを入れてる私はJesus & Buddha本の読みすぎで少し頭がおかしくなってるのかも知れない。。。orz

礼拝中にいろいろ聖書に対して異端な解釈を巡らせていた私ですが、説教してくれた牧師さん(女性)はすごく好きです。この先生は綺麗で明るくてフレンドリーで、病気の私を励ますために直筆のお手紙を2通も送ってくれたような人です。しかも毎日、教会員でもない私のために祈ってくれています。私が礼拝に行こうと思う理由があるとすれば、この牧師さんの存在が大きいかも。

この素敵な先生と仲良くしたいけど、あんまり仲良くするといつのまにか私まで洗礼受けて教会員になってしまうんじゃないかと微妙な気持ちだったりして。(洗礼受けた人にもれなく聖書と献金袋がプレゼントされるのを目撃しました。。。)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です