ACIMタッチアンドゴー

奇跡講座に復帰してからのあれこれ
20180408

Workbook 第二部 序

第二部 序

気がつけばワークブック第二部、後半にはいりました。序文にこれからのレッスンの進め方が書いてあるので、まとめておこうと思います。

・関連テーマを毎日読む NEW
・日々の主題概念を適用する(今まで通り)
・朝晩、神を瞑想(好きなだけ長い時間)
・1時間ごとに神を思い出す(今まで通り)

基本的な流れは今までと同じだけど、今までにない形式となっているのは「関連テーマの解説」を毎日読むところです。

このテーマは、次のテーマが現れるまで毎日読み返して復習するそうです。数えてみたら、10レッスンごとに新しいテーマが出てくる構成でした。てことは、具体的にいうと最初のテーマは(W-pII.1)「1. 赦しとは何か」だから、これをレッスン221〜230をやる10日間は毎日読むって事ですね。

※しかもこの方式、ほぼ最後のレッスン360まで続くという、思ったより壮大な話でした。。。

それから、朝晩の祈りや1時間ごとの思い出しも、主題概念の反復というよりは、もっと神に近づく姿勢にシフトしていくみたいです。今後は言葉に頼らず、真理の直接的体験だけを追求するとあるので、今までよりもっと深いアプローチが求められてる気がします。。。(でも直接的体験と言われても私にはわからないので、とりあえず努力目標としますorz)

ひとつ気になったのが、朝晩の瞑想(祈り)では好きなだけ時間をかけるというアバウトな話です。ひとつ前の復習6では、一度の瞑想に最低でも15分という指示だったので、今回「好きなだけ」と言われたら15分以下ってことはない気がする。なんとなく。

というわけで、最低15分〜可能なら30分くらいのつもりでやってみようと思います。

ある意味シンプルですが、言葉よりも神そのものにフォーカスし続けるというのはかえって難しそう。この練習方式での日々が、レッスンの最後まで続くんですね。なんか、想像できない。まあ、やるっきゃないので、ダメダメと分かっていてもやりますが。(^_^;)

そんなへっぴり腰の私のために(?)激励の言葉があったのでメモします:

奇跡講座 下巻 ワークブック W-pII.in.5:4
『今や、私たちに失敗はあり得ない。静かに座り、あなたの父を待ちなさい。神を迎えることが自分の意志だと認識したあなたを訪れることが、神の意志である。そしてたとえ漠然とでも、それが自分の意志だと見なしていなかったなら、あなたは決してここまでこられなかったはずである。私がこれほど近くにいるのだから、私たちに失敗はありえない。』

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です