ACIMタッチアンドゴー

奇跡講座に復帰してからのあれこれ
20170912, 20180616

Workbook 5. 肉体とは何か

5. 肉体とは何か
5. What Is the Body?

6/7。今日は退院後の初出勤です。と言っても、午前勤務のみ。そして今日からテーマ5の「肉体とは何か」が始まります。

奇跡講座 下巻 ワークブック W-pII.5.1:1
『肉体とは、神の子が自らの自己のいくつもの断片をそれぞれ切り離しておくために、自分で築いたと思い込んでいる囲いである。彼は自分がこの囲いの中で生き、いずれそれが朽ちて崩れ去るときには自分も死んでいくと思っている。この囲いの中にいれば愛を締め出しておけるので、自分は安全だと思っている。』

W-pII.5.3:1『肉体は夢の一つである。ほかの夢と同様に、肉体も時には幸福を描き出すように見えるが、突如として、あらゆる夢の根源である恐れへ逆戻りすることがある。(中略) 恐れを抱くものとして作られた肉体は、与えられた通りの目的に仕える。しかし肉体が何のものかという考えを変えれば、肉体が従う目的を変えることができる。』

W-pII.5.4:1『肉体は、神の子が正気に戻るための手段である。(中略) 神の子は兄弟に手を差し伸べ、自分と一緒に道を歩むようにと兄弟を助ける。そのとき肉体は神聖である。心を葬り去るために作り出された肉体が、今や、心を癒すのに役立つようになる。』

W-pII.5.5:1『あなたは、自分を安全にすると思うものと一体感をもつ。それが何であれ、あなたはそれが自分と一体だと信じる。あなたの安全は真理の中にあり、偽りの中にはない。愛があなたの安全である。恐れは存在しない。』

***** ***** *****

久々に勤務に復帰

行ってきました。朝の通勤に慣らすための午前中だけ勤務。嬉しいことに、何とか起きられたし、ラッシュアワーも意外と大丈夫でした。ちょっと安心。この感触なら、来週からフルタイム復帰してもやって行けそうです。

朝イチで、休み中に溜まってた何千件ものメールを片っ端から読んでたら、笑顔のタケノコさんが「早速お急ぎの依頼来てますけど、大丈夫ですよね。笑」と、久々のお仕事を割り振ってくれました。意外と違和感なくこなす事が出来て、仕事の方もちょっと手応えを感じられました。

けど、午前中のみ勤務って意外と時間の余裕なくて焦りますね。昼までに何としてでも終わらそうと思ってしまうので、息抜きもせずにフル回転してたら、帰る頃にはなんだか頭がフワフワした感覚だったかも。たぶん、こういう時は血圧上がってんだろなあ〜orz

ただでさえ首が動かせなくて、首回りの血行が悪い状態が続いてます。気持ちだけは元気なんだけど、まだ身体がついてこない感じ。

こんな時に頑張りすぎたら悪循環よね。今後はうまく息抜きタイムを取り入れて、リラックスも心がけて行かないとな〜って思いました。

午後は帰宅して部屋でのんびり過ごしました。やっと手術も終わって、なんとか社会復帰できそうな感触も得られて、ちょっと安堵。

久々に、またテキストを最初からちょっとずつ読み直そうかなあ、なんて心の余裕が出てきました。付箋片手に、第1章からゆっくりと読み直してみようかな。( ^ω^ )

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です