ACIMタッチアンドゴー

奇跡講座に復帰してからのあれこれ
20180603

Workbook 4. 罪とは何か

4. 罪とは何か
4. What Is Sin?

5/26。自宅療養初日です。朝から咳が出てイマイチ。風邪だったのかな?入院中あまりにもいろんな事がありすぎて、ワークブックから離れてました…。今日から再開します。

昨晩、なんとか朝まで眠る事が出来たので、不眠の件は一安心?血圧や脈の異常は残ってるけど、とりあえず記録するだけにして、深く考えないことにしよう。

テーマ4は罪について。罪が存在するという考えが肉体(知覚)を作り出したというお話です。コースすごい。

奇跡講座 下巻 ワークブック W-pII.4.1:4
『罪は肉体に目を与えた。罪なき存在には、見たいと思う対象などないからである。罪なき存在が情景や音や感触に何の用があるだろう。聞きたいことや、握りしめたいものが何かあるだろうか。そもそも五感で感じたいと思う対象などあるだろうか。』

W-pII.4.2:1『肉体とは、心が自らを欺くために作り出した道具である。肉体の目的は、存続のために努力することである。しかし、努力の目標は変わりえる。そうなったとき、肉体は別の努力目標に仕えるものとなる。(中略) 虚偽だけでなく真理も、肉体の目的となりえる。真理が目標となれば、五官は真実なるものの証人たちを探し求める。』

W-pII.4.4:3『神の子は戯れに、邪悪さと罪悪感の餌食である肉体となって、死ねば終わるはかない生命(いのち)と化した、というふりをすることはできる。しかしその間も父の光は彼を照らし、彼がどんなに偽装しても微塵も変わらぬ永遠の愛をもって、彼を愛している。』

W-pII.4.5:1『神の子よ、あなたはいつまで罪のゲームを続けるつもりなのだろう。こうした刃先の鋭い玩具を片づけようではないか。あなたはいつになったら故郷に帰る用意ができるのだろう。それは今日だろうか。罪は存在しない。被造物は不変である。それでもまだ、天国への帰還を先に延ばしたいのだろうか。』

***** ***** *****

リノさんのこと

入院中、目が回るほどいろんな事があって書ききれなかった事のひとつがリノさん(仮)との出会いです。

私の手術の翌日に、プロレスラーのような大柄で強そうな男性が、キト姉さんの見舞いで病室にやってきました。この人がリノさんで、キトさんと同じ甲状腺から来る目の病気を患っている患者仲間さんでした。

「実は俺、甲状腺がもの凄く肥大してて、7月下旬に他所の病院で全摘手術受けることになってるんすよ。でも手術なんて初めてだし正直すげえ怖いっす」

聞けばリノさんは目の症状が重くなり、転職のため上京したのに、それどころではなくなってしまったのだとか。全摘手術で目が治るかどうかは不明なものの、早く仕事に復帰したい一心で、一縷の望みを手術にかけているそうです。

私は手術を8ヶ月も待つ時間があったから心の準備が出来たけど、リノさんみたいに急ぎの事情があって2ヶ月後とか言われたら。。。彼の不安な気持ち、分かるかも。。。

「実は、私も癌で左半分の摘出手術受けたんですよ」と声をかけたら、「え!いつ手術だったんすか!」「昨日です♡」「うそ!昨日?そんなに回復早いの!怖くなかったですか」「大丈夫です、麻酔で寝ちゃうから全然怖いことなかったです。痛みも早く引いて、翌日にはこのくらい回復出来るんですよ」「まじっすか、良かったらもっと話聞かせてください」

お互いこのタイミングで出会った事に何か縁を感じ、私はこの明るく大柄でほとんど同い年のリノさんが少しでも心安らかに手術を受けられるように応援したいなと思いました。

キトさんと3人でしばらく手術の話などしていたら、リノさんはだんだんお笑い口調になってきて「俺の甲状腺、肥大し過ぎて160gもあるらしいけど、摘出したらステーキにして食ってやりますよ!」などと言い始め、私はゲラゲラ笑わされてマジで傷口開くかと思いました(^◇^;)

リノさんと連絡先を交換して、いろいろやりとりしてた翌日のことです。朝、リノさんからキト姉さんに緊急の電話が。「ちょっとトベちゃん、リノさん7月下旬予定だった手術が突然、来週6/1に前倒しになったらしいよ!ビックリだね!」

ら、来週ですって〜〜!!!? ( ゚д゚)
そんな急展開、アリ!?

リノさん、もしかしたら術後の私が元気そうにしてるのを見て、無意識のうちに手術を受け入れる心の準備が出来たのかな。。。?

。。。という夢を、私が見てるだけなのかな?

ま、考えすぎか〜。

でも、なんか不思議なタイミングの縁ですよね。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です